スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

道。


いきづまる。息詰まる。行き詰まる。

子供の頃に、九年間歩いた道を歩く。とぼとぼ、すたすた。

学校が嫌いだった。

集団に馴染めず、勉強ができず、運動もできなかった。

楽しさを見い出せず、ただただ苦痛な九年間であった。

歩道橋を渡るともう、着いてしまう。家は家で嫌いで、行きも帰りも憂鬱だった。

しかし今は、同級生の赤ちゃんに会いに、この道を歩き、歩道橋を渡る。

目的が違うだけで、同じ歩道橋が違うものに感じる。

IMG_4797.jpg

詩が苦手で、詩集などは滅多に読まない。

けれど、きのう本屋さんで目に入った詩集を読んで、本屋さんの隅でこっそり涙。

“神のごとくゆるしたい

 ひとが投ぐるにくしみをむねにあたため

 花のようになったらば神のまへにささげたい”


“いきどおりながらも うつくしいわたしであろうよ

 哭きながら 哭きながら うつくしいわたしであろうよ”

そんなふうに、いきれていないよ。うつくしくないわたしにとりつかれている。

きがついたときのかなしさ。いまきがつけてよかった。


映画の、『食べて祈って恋をして』でリチャードという人が言った言葉を思い出す。

“毎日服を選ぶのと同じように、自分の考えを選べるようになることだ”

選べるようにならないと。

スポンサーサイト

2013.09.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | わたし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanachi31

Author:kanachi31
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ブクログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。