スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

去りゆく文月。

時間がうまく使えない。毎日をとても慌てて過ごしている気がする。

せかせかして、日付がわからなくなり、今がいつだか知って、驚く。

一週間ごとにその繰り返し。

本当に時間というのは『流れていくもの』だなと思う。

仕事の帰り道に目に入る景色が優しく、それが田舎のいいところ。

肩の力が抜け、呼吸ができる。そんな感じ。

IMG_2269.jpg

先週やりそびれたので、この休みは洗い物たくさん、布団を干して、床も拭き掃除。

取り組むべきことがあるとき、すっぱり忘れて違うことに没頭するのはいいこと。

だらだら感がなくなり、効率が上がると気づいた。

花火大会、誘ってもらったけれど、人ごみが苦手で断った。

土埃、浴衣の人たち、林檎飴、色んな屋台の混ざった匂い、濃紺の空に、眩しい花火。

想像だけでいい。

地響きと、胸にくる音だけが我が家に届く。

スポンサーサイト

2013.07.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | わたし

なんやかんやと独り言。

いつから始まったんだか、すっかり夏。

夏らしいことは全然しておらず、やっぱり昔ほど夏が好きではなくなっている。

ただ、水着姿で浮き輪をつけたまま近所を歩く子どもたちを見て、

電車の中で露出の多い若いイマドキ女子たちがなんかちょっとうきうきしてるのを見て、

懐かしいような感覚で心が和み、そうだよいよい、夏はみんな楽しみなさいなと思う。


ここまで暑くなると、必要以上に外に出るのはいやで、私の行動範囲は散歩と庭くらい。

毎年花の終わりに枝を刈って小さくしていた木蓮が、

今年は刈らずに放っていたらなんともいい具合にぼわっとボリュームをもって

小さな庭に素敵な木陰を与えてくれている。

IMG_2273.jpg

私は木漏れ陽が好き。木蓮は広がりたい。自然体での共存。

その足元の花壇では、1m以上の茎の上に重みのある花をいくつも咲かせて、

重みに耐え切れずぐにゃりと倒れ込んだエキナセア。

IMG_6731.jpg

その茎の太さに大きな花6つはいくらなんでも欲張りだろう。

せめて自分で抱えてられるだけにしときなさいな、と少し呆れる。

繁殖が最優先なのか?植物はときどきちょっと間抜けなところがある。


少し前、抱えすぎたと思い断捨離をしても今、なんの支障もない。

なくていいものをわざわざ抱えて引越しは大変だ、とか思っていた自分がばからしい。

自分をしんどくさせるのは案外自分自身なのかもしれない。


3月から立て続けに車検、重量税に給湯器、ペットキャリー、動物病院代と

もう勘弁してくださいと言いたくなるような出費ばかりでぴーぴーである。

誕生日を過ぎたころに、市から婦人検診の無料チケットなるものが届いたけれど、

まず先に、と病歴があっても安く入れる保険を見立ててもらい入っておくことにした。

検診はそのあとだ。

ない中であれこれやりくりするのは楽しくもあるけど、

予期せぬことでぽんぽん出て行ってしまうのはない時ばかりなのはどういうことだろう。

出費が増えるようなニュースばかりで文句はたくさんあるけれど、

動かずして画面の前で『そんなんされたらたまりまへんわ』と言っても届かないので、

どうにかなってくれとの願いを込めた一票をもって、公民館へ今から投票に向かう。




















2013.07.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | わたし

思うがままに。

雨、雨、雨。

そういえば梅雨であった、と思い出す。

じめじめと湿気を含んだ空気が、腕にも足にも絡みついてるように動きづらい。

というのは言い訳で、単に肥えたのだ。

何かを作ったりする気も起きず、ただただひとんちの庭を眺める日々。

晴れた日の、あるお宅。

IMG_9760.jpg

このおうちは年中なにかしらの植物が『主役』という感じでバランスよく整っている。

庭を手入れしている主の方と話してみたいけど、まだ見かけたことがない。


今年が始まった時、なんだか大変な年になりそうだなぁと思っていたのだけど、

そういう直感は当たるもので、どんどんと肩に重石が積もっている。

と言っても、乗せているのは自分なので気分は悪くない。

今になって何をはじめる気だ、という頭の中の小さな悪魔をやっつけながら、

ここが踏ん張り時!と、たくましくなっている両太ももに力を入れ、中腰に構えている。

人生は一回きり。試してみても損はなかろう。

一旦ひと段落つけるのは11月中頃の予定。

猪年らしい突進力はあっても、モチベーションを維持するのが不得手。

とりあえずひとつひとつ。

クーリーの言葉を毎朝噛み締めて過ごすのが習慣になっている。

『明日はなんとかなると思う馬鹿者。今日でさえ遅すぎるのだ。

賢者はもう昨日済ましている。』

はい、ごもっともです。


2013.07.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | わたし

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanachi31

Author:kanachi31
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

ブクログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。